登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

日管協東京都支部 会員700社超に 新年会で報告

この記事を読むのに必要な時間:約1分

塩見紀昭支部長

 日本賃貸住宅管理協会東京都支部(塩見紀昭支部長)は1月7日、東京都新宿区の京王プラザホテルで新年会を開いた。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。歓談スペースとドリンクスペースを分けるなどの感染対策に注意を払って行われた。

 冒頭、塩見支部長は、「昨年は賃貸住宅管理業法(管理業法)が全面施行され、日管協の役割はますます重要になっている。東京都支部の会員数は管理業法施行の波もあり、700社を突破した。日管協の中で最大の支部だ。皆さんと共に、安心・安全、快適な賃貸住宅を目指していきたい」とあいさつした。

 来賓として登壇した国土交通省不動産・建設経済局の井崎信也不動産業課長は、管理業法制定・施行に関する同協会会員の協力に感謝の意を述べた上で、管理業者登録について早期の登録申請を促した。

 続いて、東京都住宅政策本部住宅政策担当部長の竹井利行氏が、今後10年間の東京都の住宅政策の方針を示すマスタープラン作成の作業を進めていることを報告。財務省東京税関調査部情報管理室長の岡田浩一氏は、最近、空き家や空き室が大麻の受け取りなど犯罪に使われるケースが増えているとして、「管理物件で異変を感じたら情報を寄せてほしい」と協力を呼び掛けた。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています