【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

NTT都市開発・ライナフ 次世代賃貸マンション エントランス顔認証、スマホで来訪者応対

この記事を読むのに必要な時間:約2分

開口部が大きく都心の眺望が楽しめるリニューアルした居室 スマホで顔認証登録や遠隔での来訪者対応が可能 エントランスの次世代インターホンシステム
 NTT都市開発とライナフは、築19年のサービスアパートメントを大規模改修し、顔認証やスマートフォンでの遠隔応対が可能な次世代賃貸マンションを供給する。「ウエリスアーバン品川タワー」(東京都港区港南)は1月21日から物件案内をしており、2月上旬から入居を開始。同物件は、充実した最上階のワークラウンジなどと共に、不動産テック企業のライナフ(東京都文京区、滝沢潔社長)がスマホに対応した顔認証エントランスシステム「ライナフGate」に加え、次世代インターホンシステム「ライナフGateインターホン」を初めて導入し、入居者のメインターゲットである30~40代・1人世帯の外資系企業勤務者に訴求する。

 同物件は、03年11月に竣工した24階建てのサービスアパートメント「ビューロ品川」をNTT都市開発が昨年、ファンドから取得して改装。JR品川駅から徒歩10分の立地で、全305戸のうち第1期は41戸、1R~1LDK(専有面積28.31~83.82m2)を賃貸住宅として供給する。月額賃料は13万8000~60万円、管理費が1~2万円。改装工事を順次進めており、当面、一部フロアにおいてサービスアパートメントの営業を継続する。

 同物件のコンセプトは、「都心の利便・豊かさを享受する、ホテルライクな暮らし」で、1階に24時間対応のコンシェルジュサービスや、スパ、フィットネスなど共用部を充実させている。

 住戸は一般賃貸住戸だけでなく、サービスアパートメントだったことを生かした家具家電付き住戸を用意している。「既に問い合わせや申し込みが来ている」(NTT都市開発)と言う。品川エリアは、NTT都市開発にとって戦略エリアで、同物件をフラッグシップ物件と位置付ける。

既存物件でIoT化

 同物件で初導入した「ライナフGateインターホン」は、スマホで顔認証登録のほか来訪者対応ができ、外出先でも遠隔での操作が可能だ。入居者が保有するスマホに無料アプリをダウンロードすることで、エントランスの解錠、来訪者対応が可能で、通常の音声通話のほかボイスチェンジャーを使った音声通話や文字メッセージによる応対で、プライバシーを確保できる。顔認証は5件まで登録可能で、マスクをしていても認識する。

 「ライナフGate」と「ライナフGateインターホン」は、タブレット、共用エントランス用スマートロック、入居者向けアプリ、管理会社向けウェブシステムで導入が可能だ。

 利用料金も月額課金のシンプルな設定で、ディベロッパーや物件オーナーにとっては、新築のみならず既存物件においてもIoT化による差別化、低コストでの導入、ニューノーマル対応が可能になる。

 ライナフは今後、2カ月の無料期間を設定し、展開を進めることを検討している。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建登録講習申込2022
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています