ContractS・GVA TECH 法務DXの最適化セミナー 電子契約活用で

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 ContractS(東京都千代田区)と、GVA TECH(東京都渋谷区)は、『法務DXを成功に導くツール選びのポイントを徹底解説』と題して、契約書の作成から承認などの一連の手続きの〝デジタル化〟を考えるセミナーを2月に共催し、ウェブで配信した。

 ContractS経営企画部部長の津田奬悟氏は、契約の準備段階から締結後までを網羅して管理できる「CLM」(契約ライフサイクルマネジメント)の導入メリットについて、「電子契約は、従前の〝あったら便利〟から〝なくてはならない〟ツールになった。法務では単に〝脱ハンコ〟だけでは足りない。締結の前後が解消すべき本質的な課題となる。内部統制やリスク管理からも、契約締結の前後を一体的にとらえ、手続き全体を最適化することが重要になる」と指摘した。

 GVA TECHリーガル部門統括マネージャー・弁護士の仲沢勇人氏は、契約書の内容を法的観点から審査確認する〝レビュー〟などについて、「従前の契約書を読む・直す・仕上げるの工程では現在、AI(人工知能)を活用してデジタル化できる。契約条文で不足する脱漏や、修正箇所で推奨条文を提示する。リスクを検知し、注意喚起にアラートで通知する。契約審査を軽減できる」と説明。法務DXツールの選択では「導入から運用までを提供元企業が伴走し、作業工程を一気通貫にデジタル化するツールを選ぶことで現場が使いやすくなる」と解説した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています