【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

ソルクシーズ ロボットが見守り 介護施設で実証実験

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 ソルクシーズ(東京都港区)は、コミュニケーションロボット「Kebbi Air」を活用した新たな見守りシステム『いまイルモ Kebbi Air』(仮称)を2月に開発した。今春から介護施設で実証実験を始める。ロボットを通じて24時間見守ることで、スタッフの見回り業務の軽減などにも期待できる。

 同ロボットは、海外に拠点を置く小型コミュニケーションロボットメーカーNUWAロボティクス製。画像や音声の認識・合成のほか、人感センサー、タッチスクリーン、タッチセンサー、チャットボットなどの機能を搭載している。AI(人工知能)技術で制御する可動部が円滑に動き、ディスプレイにはロボットの多彩な表情を表示し、コミュニケーションを図れる。

 通常の機能である安否通知やバイタル通知、ドア通知などのほかにも今回、通知を音声で知らせる仕様など、高齢者住宅や介護施設などを運営する介護事業者向けとなる機能を追加した。今秋には、介護事業者向けに販売を開始する。薬の飲み忘れなどを防ぐ「時報」などのオプション機能も順次に追加していく。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています