登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

パナソニックHD 住宅街を小型ロボットが商品配送 公道走行の許可取得

この記事を読むのに必要な時間:約2分

1人のオペレーターが4台の小型配送ロボットを「フルリモート」で操作する
 パナソニック ホールディングスは、神奈川県藤沢市内の「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」で実証実験を行っている住宅街向け配送サービスで、エリアモビリティサービスプラットフォーム『X―Area®』(クロスエリア)を用い、5月から〝フルリモート〟によって「小型低速ロボット」が自律走行し、商業施設から居住者に商品を配送する実証サービスを始める。

 今回、国内初というフルリモート(完全遠隔監視・操作)による公道走行の道路使用許可を取得した。

 同社は20年11月から、同住宅街で配送サービスの実証実験に取り組んでいる。従前も、1人のオペレーターが遠隔操作で4台のロボットを同時に監視しながら、公道での自動走行や店舗からの配送サービスを実証してきた。ただ今回の公道走行許可の取得で、安全確保の徹底や緊急時に備えて必須だった近傍での「保安要員」の配置が不要となった。

 フルリモートでロボットが自律走行して暮らしに溶け込みながら、配送サービスを実証する(イメージ写真)。

 許可を受けた背景には、次のような成果がある。ロボットの認識能力が向上し、遠方の人や近接車両などの移動物件、路上落下物などを即座に発見できた。横断歩道を走行中に遠隔システムの通信が途切れても、ロボットが自律的に安全な場所まで走行できるようにした。緊急時でも、遠隔監視・操作をしているオペレーターに通知することで、遠隔で即時に介入して適切に対応できることを確認した。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています