マンションリフォームマネジャー試験のご案内

大言小語 最終ステージ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 片親の自宅介護が本格化し早くも5年が過ぎた。昨春はショートステイ先で新型コロナウイルスの集団感染に巻き込まれてしまい、そのまま緊急隔離入院を余儀なくされた。もう帰宅できないのかもしれないと一度は腹をくくったものの、幸運なことに重症化を免れ、無事帰宅が許された。

 ▼要介護認定の更新時期を控えたこの春は、認定調査員と本人、家族との面談があった。現在の介護度4から現状維持か等級アップかの調査面談だったため、ケアマネージャーも同席してくれて的確に助言をして支えてくれた。恐らく今回の更新で要介護5の最終ステージに上がることになりそうだ。

 ▼振り返れば介護度認定も紆余曲折があった。認知症と身体機能がそれほど悪化していない当時、早めに準備を始めておこうと介護申請し、初めて要介護2の判定をもらった。その後、更新を怠ったため再申請となり、再判定は要介護1にダウンしてしまったこともある。90代に入ってからは年を追うごとに体力、気力は衰え、徐々に介護度も上がっていった。

 ▼要介護度が上がると利用できるサービス等の選択肢が増える上、4等級以上になると特養に入所しやすくなるメリットもある。しかし、それは老化や病気が進行していくことの裏返しであって、素直に喜べることではない。同時に最終ステージのその先の階段がなくなることは目標を失うようで心もとない。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています