タイムリープ・ショウタイム24 遠隔接客で無人化 不動産内見などで

この記事を読むのに必要な時間:約1分

IoTと遠隔接客を融合させ、ショールームや不動産内見の運営を「無人化」できる

 タイムリープ(東京都千代田区)とショウタイム24(東京都港区)は、協業提供を始めた。タイムリープ提供の遠隔接客サービス『RURA』(ルーラ)と、ショウタイム24提供のIoTを活用した不動産案内システム『無人内見システム』を組み合わせることで〝接客品質〟を落とさずに、来店・内見時の予約の受け付けや、見学時の案内までの〝完全無人化〟を実現できるようにした(イメージ図)。

 IoTを活用し、遠隔接客の仕組みを融合させた。現地にスタッフがいなくても、来店客の接客や物件を案内できる体制を構築できる。ショールームや不動産物件の内見時での活用を想定している。

 利用するエンドユーザーはスマートロックで入場し、現地のQRコードを読み取ると合成音声や動画を視聴でき、好きな時間に好きなだけ自分のペースで説明を受けられる。詳しい説明が必要な場合には、遠隔接客で担当スタッフが対応し、モニター越しにリアルタイムに会話できる。

 現地の照明やエアコンなども、遠隔地からパソコンやスマートフォンで操作できる。スタッフを現地に常駐させる必要がないため、最小限の人数でショールームなどの運営ができる。働き方改革にも期待でき、新規出店や遠方での出店の際も容易になる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています