JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験

緑化管理で新システム 遠隔地でも生育状況確認

 会員連携による新しい緑化ビジネスの研究開発に取り組む、緑のまちづくり支援機構(栗生明会長)はこのほど、インターネットを使った緑化メンテナンス支援システムを発表した。遠隔地からでも、現地に設置したカメラで生育状況を確認し、状況に応じて水やりできる。管理作業の効率化やコスト削減につながるという。
 開発した会員会社アースコンシャス(徳島市)を通じて、5月2日から販売を始める。主に屋上・壁面緑化管理会社向けに売り込む。
 今回開発した「アーススマートシステム」(特許出願中)は、ネットワークカメラと灌水電磁弁、実際に水が流れているかを確認するフロースイッチ、全体のコントロール装置――で構成する。パソコンやスマートフォンを使って映像で事前に状況を把握したり、灌水スケジュールを設定できる。
 これまで緑化管理の現場では、リアルタイムに生育状況が分からないので枯損や病気への対応が遅れることがあった。また、必要な機材類や作業人員数の予測が難しく、無駄が発生することも課題だった。
 標準システム価格は56万8000円で、そのほかウェブシステム利用料として月額2300円が必要となる。初年度1000台の販売を見込む。また、オプションとして流量計と土壌水分センサーも用意している。
 今後は、個人住宅の庭やベランダ緑化向けに、価格を抑えた簡易タイプを開発していく。
 今回のシステムを開発したアースコンシャスは、建築緑化資材メーカーで緑地管理なども手掛ける会社。同じく会員である灌水装置関連メーカーのイーエス・ウォーターネット(東京都多摩市)と、ネットワークを利用した機器コントロール装置の開発・販売事業のグラモ(埼玉県新座市)が開発協力した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています