老朽マンションの「ドローン漏水調査」本格展開へ スカイエステート

 ドローン(無人航空機)のパイロット育成や派遣のスカイエステート(東京都目黒区)は、老朽化マンションでドローンを活用した漏水点検事業を本格的に開始した。建物の漏水状況を可視化し、点検費用や工期を大幅に圧縮するという。

 同社は2017年からドローンに赤外線カメラを搭載して外壁調査をスタートし、2020年8月末で累計200棟超のマンションで調査実績がある。タイル張りやALC(軽量気泡コンクリート)、サンドイッチパネル、窓枠などの現場で原因を特定し、高精度サーモグラフィーのデータなどと合わせて一級建築士が診断報告書をまとめる。従来の目視や触診、ゴンドラ調査などに比べて費用な時間を抑えることができる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています