不動産仲介士 21年度第1期試験受付中

北海道・駅前にホテル・分譲マンなど開発 北広島市・日本エスコン

当初計画案の完成予想図

 北海道北広島市は、JR北広島駅周辺の市有地約2.4万平方メートルを活用する「駅西口周辺エリア活性化事業」で、20年12月に整備に関わる優先交渉権を取得していた不動産開発の日本エスコン(東京都港区)と、正式なパートナー協定を21年3月30日に締結した。同社では今後、ホテルや商業施設などを建設する。

 当初計画案によると同社では今後、ホテルや商業施設などで構成し、同駅に直結する地下1階地上18階建ての複合ビルのほか、地上10階建ての分譲マンション、保育所や、駅前広場などを整備する。23年度から24年度に完成させる見通し。

 建設地は、北海道北広島市栄町2の1、同市北進町1の5の2ほかの市有地で、AからD地区に分かれる。敷地面積は、駅前広場約1万1509平方メートル、B地区約5514平方メートル、C地区約3395平方メートル、D地区約3396平方メートル。

 計画地のあるJR北広島駅周辺では、北海道日本ハムファイターズの新球場を核とした「北海道ボールパークFビレッジ」の開発が進んでいる。同社ではこの新球場のネーミングライツ(命名権)も取得している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
予約受付中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
予約受付中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています