【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

3Dバーチャルキャラクターが部屋を案内 ハニカムラボ・タスキ

3Dキャラクターが動き回って物件を案内する

 VR(仮想現実)コンテンツなど開発のハニカムラボ(東京都渋谷区)は、不動産テックを活用した新築投資用IoTレジデンスを企画開発するタスキ(東京都港区)と事業協力し、その第1弾として、ハニカムラボが提供するソリューション「バーチャルガイドWeb」をベースにカスタマイズ開発したサービス「TASUKI GOING」(タスキゴーイング)の提供を4月5日に開始した。バーチャルなキャラクターが導いてくれる物件の案内サービスを提供する。

 両社は、不動産テック領域でxR(VR仮想現実・AR拡張現実・MR融合現実)や3D(3次元)技術を活用したサービスやコンテンツなどの事業で協業していく。

 第1弾サービスは、タスキが提供するマンションシリーズについて、バーチャルキャラクターの「ハニカ」が立体画像内の部屋を案内・説明する趣向。専用カメラであらかじめ撮影した物件内を、実写ベースの3D空間で3Dキャラクターが動き回り、「バーチャル内覧」を提供するウェブシステム。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建登録講習申込2022
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています