売買仲介営業の新常識 売上に繋がるインサイドセールス組織の作り方

野村不、阪急阪神不 東京・平井の開発着工 防災性高めた街づくり

 野村不動産と阪急阪神不動産はこのほど、東京都江戸川区で進めている「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(平井五丁目駅前地区市街地再開発組合、島村佳孝理事長)について、3月23日、新築工事に着工し、同月31日に起工式を行ったと発表した。竣工は24年度内の予定。

 同地区はJR・平井駅北口駅前広場に面した約0.7ヘクタールの区域。北側に蔵前橋通り、東側に補助第120号線が通る防災幹線道路の交差部に位置する。駅に近接し交通利便性が高いが、早くから商業が発展してきたことで、周辺にまとまったオープンスペースがなく、細街路に面した建物が老朽化しているなど、災害時の消防救助活動が難しいという課題がある。再開発により、防災設備を設置し大規模災害時に対応できる性能を備える。また都市型住宅を供給し、地域拠点としての街づくりを行う。

 同開発事業では高さ110メートル、地上29階建ての複合施設を駅北口の正面に計画している。1階と2階は商業施設、3階は子育て支援施設(認可保育園)、5階以上に約370戸の住戸を配置する。地域の人が利用可能な集会室も設ける。

 防災面では、特定緊急輸送道路に面した防災広場に、災害時の防災拠点となる「かまどベンチ」やマンホールトイレ、ソーラー街灯、防災井戸などを整備する。建物内には一時避難場所、防災備蓄倉庫を設ける。

 住宅は、免震構造、トリプルセキュリティの採用、各階防災倉庫設置、長期優良住宅の認定取得(一部住戸除く)、3階住宅共用部のライブラリーラウンジ、個別ワークスペースなどが採用される予定。22年度中に販売を開始する予定。分譲戸数は約270戸(地権者住戸除く)でファミリータイプ(3LDK)が中心となる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています