6月29日(火)【参加無料・WEBセミナー】〜ニューノーマル・おうち時間に“付加価値提案”を〜 住宅メーカーが知っておきたい2つのこと

パッシブタウン第4街区、保育施設建築でZEB実現へ YKK不動産

第4街区の完成イメージ 屋内イメージ

 YKKグループのYKK不動産は4月14日、富山県黒部市の省エネルギー団地「パッシブタウン」の第4期街区の計画概要を公表した。パッシブタウンは、自然エネルギーを最大限に生かしたパッシブデザインによるローエネルギーのまち・住まいづくりを提案する取り組み。第1~3街区ではパッシブデザインを用いた集合住宅を建築してきた。
 第4街区には、第1街区商業棟の事業所内保育施設「たんぽぽ保育園」を移転・建築する。通風や太陽光発電といった自然エネルギーの活用、高性能外皮によるエネルギー抑制などでZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の達成を目指す。また、YKKAPが作成した窓の詳細データをBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)で活用し、最適な窓の位置・種類の検証技術を用いる。
 敷地面積は3167平方メートル、建物の構造は木造・平屋建て、総事業費は約3億5000万円。工期は21年4月~22 年3月を予定する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています