ランドバンク活用モデル調査、4件を支援対象に決定 国交省

 国土交通省は、21年度「ランドバンクの活用等による土地の適正な利用・管理の推進に向けた先進事例構築モデル調査」に関して、4件を支援対象として採択した。同調査は、地方公共団体やNPO等が連携して行う低未利用土地等対策の取り組みに対して、その実施費用の一部を国の直轄調査を通じて支援するもの。また、取り組みの成果を公表し、全国の自治体等への取り組みの展開を図る。
 応募件数10件に対し、4件を採択した。採択された団体は、広島県、オープン・エー、森林国土ドローンAI推進機構、一級建築士事務所こと・デザイン。具体的には、広島県の場合、同県三原市を主な調査地域とし、地元住民組織、自治体、まちづくり会社でランドバンク協議会を組成し、区画再編エリアの設定・概略設計等を行うこととしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
宅建ライブ解説2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています