賃貸領域と共に不動産売買領域にも進出 不動産テックのイタンジ

 不動産テック企業のイタンジ(東京都港区)は、グループ会社のRENOSY X(リノシー クロス)(同住所)から、不動産売買業務向けSaaSに関する事業を譲り受けた。事業移管したのは、不動産売買の業者間の確認業務をオンライン化する「2秒でブッカク!」、AI-OCRによる販売図面の自動読取ツール「ブッケンSCAN!」で、サービス内容の変更はなく、導入企業は継続して利用できる。

 イタンジでは従来から、不動産賃貸業務用SaaSサービス「ITANDI BB+」(イタンジビービープラス)を提供しており、今回の事業移管により、不動産売買領域にも進出する。賃貸と売買の双方で不動産業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を支援する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
宅建ライブ解説2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています