空き家の「物置き」利活用で安定収益化を実証  モノオク・東京都

 物置きシェアサービス「モノオク」を運営するモノオク(東京都渋谷区)は、東京都と21年3月から実証実験を行い、地域の空き家や空き物件を、利用者に「物置き」として利活用してもらったところ、開始2週間ですべての貸し出しスペース(全10畳)の稼働率が100%となり、毎月約10万円以上の売り上げがあった。近隣の空き家などを「物置き」として利活用すれば、短期間に安定的な売り上げを得られる一つの方法になることが分かった。

 チラシや看板からの利用者の獲得が目立ち、訴求方法で効果があった。一度利用すると、1年以上は利用したいといった声が全体の64パーセントに上った。75パーセントが自宅から利用スペースまでの距離が半径1キロ圏内・徒歩15分以内で、自宅から近い距離での利用を望んでいる。今回の実験は同社運営の有人管理だったため、今後は無人運営などの空きスペースでも検証を重ねる。今回の実験エリアの東京都世田谷区内での物件で協力できる不動産事業者を募集していく。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています