AI価値・価格査定サービスがIT導入補助金の対象に リーウェイズ

 不動産テック企業のリーウェイズ(東京都渋谷区)は、同社で開発・提供する不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.」(ゲイト)が、「IT導入補助金2021」の対象ツールとして認定された。導入企業は一定の審査を経て、費用の3分の2、最大450万円の補助金を受け取れる。

 同サービス・シリーズは、2億件超の物件データに基づき、AIで分析する。クラウド上で全期間の利回り、賃料や物件価格の査定、空室率や賃料下落などの推移シミュレーション、50年先まで分析するキャッシュフローなどの詳細な分析により、市場調査ができる。数クリックで提案資料を出力し、PDFでのダウンロードも容易に操作できる。従来の査定・調査で掛かる一般的な180分の業務時間を、最短で5分に短縮して業務効率化を図れるという。

 上記の機能の「ゲイト・インベストメント・プランナー」のほか、市場調査機能の「ゲイト・マーケット・サーベイ」、オフィス市場分析ツールの「ゲイト・オフィス・マーケット・サーベイ」が今回の補助金対象ツールに認定された。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています