基準地価、2年連続で下落 大阪圏・商業地は9年ぶり下落

 国土交通省は9月21日、21年都道府県地価調査(7月1日時点の基準地価)を公表した。同調査によると、全国の全用途平均は0.4%下落(前年比プラス0.2ポイント)で、2年連続の下落となった。用途別では、住宅地が0.5%下落(同プラス0.2ポイント)と下落率が縮小した一方、商業地は0.5%下落(同マイナス0.2ポイント)で下落率が拡大した。新型コロナウイルス感染症等の影響により、国内外の来訪客増加による店舗、ホテル需要でこれまで上昇してきた地域や、飲食店の集積地域での下落が続いている。

 三大都市圏では、全用途平均および商業地は上昇となったが、商業地は前年より0.6ポイントのマイナスとなり、上昇率が縮小した。特に大阪圏の商業地は0.6%下落(同マイナス1.8ポイント)となり12年以来、9年ぶりに下落に転じた。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています