不動産テックEXPO

JRDが南麻布と南池袋の賃貸住宅で第2弾クラウド募集

 資産形成を支援するJRD(東京都渋谷区、佐藤満社長)は、不動産クラウドファンディング事業の第2弾として「iRD(イルド)匿名3号 セジョリ南麻布」と「iRD匿名4号 南池袋レジデンス」の投資家募集を10月11日から開始する。11月7日まで受け付ける。

 同商品は、東京23区の駅から徒歩10分以内の賃貸物件に投資するもので、1口10万円と省資金で不動産に投資できる。第2弾では、運用期間を3か月と6カ月の2つを用意した。原則、劣後部分を40%以上に設定して投資家の安心感を高める。

 投資対象となる南麻布の物件は最低100万円が最低投資金額となり、3か月で運用する。予定利回りは5.5%。南池袋は1口10万円から。6カ月運用で利回りは5.7%を予定する。

 JRDは今年8月時点で125棟・5019室の供給実績があり、入居率は97.8%という。初弾案件の2物件は9月2日に運用が終了している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています