不動産テックEXPO

福島県の分譲地で「健幸」目指した街づくり協議会を設立 パナソニックH

 パナソニックホームズと福島県伊達市は10月25日、伊達市高子地域で開発予定の大型分譲地「Up DATE City(アップデートシティ)ふくしま」で、「健幸と生涯活躍のまち」「想像を超えたくらし」を目指し、「アップデートシティ協議会」を設立したと発表した。
 同協議会は代表幹事を同社、幹事会員を伊達市が務め、33社・団体が参画する。設立日は10月7日。街づくりのテーマに(1)ウェルネス、(2)モビリティ、(3)エネルギー、(4)エコロジー、(5)セーフティー、(6)コンシェルジュ、(7)コミュニティ――を据える。CCRC(生涯活躍のまち)施設を中心に、エリア・タウンマネジメント、タウンサービスにより、街の価値向上を図る。
 同分譲地は阿武隈急行・高子駅北側に隣接、JR・阿武隈急行の福島駅から車で約25分。総開発面積は約14万1696平方メートル。戸建て住宅は217区画(約5万2932平方メートル)で、認定こども園や商業施設なども建設する。街開きは23年4月を予定する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています