【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

三菱地所、豪州シドニーで働きやすさ配慮のオフィス開発

外観イメージ

 三菱地所は、オーストラリアを含む世界主要都市で豊富な開発実績を持つ不動産会社であるOxford Properties Group とその子会社のInvestaと共に、オーストラリア・シドニーでプレミアムオフィス開発事業「Parkline Place」に参画する。同事業はシドニーの新駅「Pitt Street」の開発事業、賃貸住宅棟開発事業と三位一体で進められる大規模複合開発の一部。ワーカーの能力を最大限引き出すため、「ワークライフマネジメントサービス」や「マインドフルネスサービス」、「パーソナルヘルスサービス」など、さまざまなWell-beingに配慮したサービスを提供する予定だ。21年11月着工、24年1月の竣工を見込む。

 「Parkline Place」は、地上39階地下5階建て、貸付有効面積約4万7800平方メートルのプレミアムグレードオフィス(基準階面積=約1500平方メートル)と商業機能を擁するプレミアムオフィス開発事業。近隣は多くのグローバル企業やIT企業が集積しているなど、堅調なオフィス需要が見込まれている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています