国内初の高級フレキシブルオフィスブランドを22年3月開業 TKP

「Signature六本木ヒルズ森タワー」内装イメージ

 ティーケーピーと同社子会社の日本リージャスホールディングスは22年3月、高級フレキシブルオフィスブランド「Signature(シグネチャー)」の国内初施設を、東京都港区の六本木ヒルズ森タワーで開業する。
 「Signature」はリージャスがヨーロッパを中心に展開しているブランドで、東アジアでは香港に続き2施設目となる。総面積は約1550平方メートル。デザイン性や快適性を高めたコワーキングスペースやミーティングルームなどを備え、エグゼクティブ層などの利用を見込む。
 両社は「既存の『SPACES』『Regus』『Openoffice』に加え、新しいブランドが追加されることにより、幅広い価格帯のラインアップが拡充され、顧客のニーズに合ったオフィス空間の選択肢が更に増える」とコメントしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています