登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

JLL調べ 東京圏の物流施設は空室率上昇、湾岸と内陸で地域差も

ジョーンズラングラサール(JLL)は、2021年第3四半期(7~9月)の物流施設の稼働動向をまとめた。東京圏の期末時点の空室率は2.4%となり、前期との比較で1.6ポイント上昇し、前年比では2.3ポイント上昇した。東京湾岸の空室率は0.6%と前期比0.6ポイント上がった。一方、内陸エリアは3.3%と同2.0ポイント上昇し、地域差が拡大している。東京圏は期中に新規供給6棟65万8000平方メートルあった。ストックは前期比4%増えた。

東京圏の賃料水準は、1坪当たり月額4407円となり、前期比0.1%、前年比1.4%上昇した。既存物件の賃料上昇と新規供給の高い賃料水準が押し上げた。湾岸エリアは0.5%、内陸エリアは0.2%それぞれ上昇した。取引価格も強含んでおり、期末時点の価格は前期比2.7%、前年比では12.8%の上昇幅だった。投資利回りの低下と緩やかな賃料上昇を反映した。ただ、期末時点の物流施設への投資総額は前年比68.5%減少し、848億円だった。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています