【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

住金機構・住宅ローン利用者調査 「変動型」「全期間固定型」が微減

住宅金融支援機構は2月22日に発表した「住宅ローン利用者の実態調査(21年10月調査)」によると、利用された金利タイプでは「変動型」が21年4月調査比0.7ポイント低下の67.4%、「全期間固定型」が同1.0ポイント低下の21.7%となり、いずれも微減した。

今後1年間の住宅ローンの金利見通しでは、「ほとんど変わらない」が63.1%と大勢を占める一方で、「現状よりも上昇する」が同2.7ポイント上昇の23.1%となった。

同調査は21年4月~9月に住宅ローンを借り入れた人(1577件)が対象。調査期間は21年10月28日~11月4日。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています