マンションリフォームマネジャー試験のご案内

沖縄県最大の物流施設開発、1棟目が竣工 大和ハウス工業

「DPL沖縄豊見城」外観

大和ハウス工業は3月14日、沖縄県豊見城市でマルチテナント型物流施設「DPL沖縄豊見城」を竣工した。これは2棟構成の物流施設開発の1棟目。2棟目の「DPL沖縄豊見城2」は9月30日の竣工予定。2棟合計の延べ床面積は約12万2000平方メートルで沖縄県最大。総事業費は2棟合わせて約220億円。

「DPL沖縄豊見城」は鉄骨造の2階建て。車で沖縄那覇空港から15分、浦添ふ頭から30分と、グローバルな物流拠点としての機能も見込める。

冷凍・冷蔵・定温・常温の4温度帯に対応。延べ床は3万9970平方メートル。賃貸面積の約87%が契約済みで、物流会社など3社の入居が決定している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています