マンションリフォームマネジャー試験のご案内

ビル運営・利用システムを円滑につなげる製品を提供 ビットキー

ビットキー(東京都中央区)は、同社が提供する、ビルの入退室やシェアオフィスの運営・管理支援、会員間のコミュニケーションなどを促進できる「workhub」をはじめとして、スマートロックなどの各種製品を、東京建物と鹿島建設が共同保有する六本木和幸ビル(東京都港区)内にオープンした「すかやかに働く」をテーマとしたワークプレイス「Kant.」に提供した。

同ビルは築51年で、大規模なリノベーションを施し、2022年春にリニューアルした。一般的に、サービスやスマートフォンアプリを入居テナントに提供する場合、フロアごとに異なる用途のオフィスなどが入居するため、ビル運営側はフロアやニーズごとに異なる提供し、システムが分断される課題感があった。そこで今回、ビットキーは、フロアごとに必要なサービスを1つのシステムで運用できる「workhub」などを提供した。従来のように、複数のウェブシステムやスマートフォンアプリなどにログインし、情報をシステムごとに複数回にわたって入力するなどの手間をなくし、各フロアを円滑に運営・利用できるようにした。スマートロックや顔認証システム、会議室などの空き・予約状況が分かる端末、契約会員向けの位置情報システムなどをビル内に設置した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています