登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

JLL調査、世界不動産投資額は過去最高も東京14位に転落

ジョーンズラングラサール(JLL)は5月30日、2022年度第1四半期(1~3月)の世界の商業用不動産投資額が前年同期比47%増となり、2920億ドルだったと発表した。同社の統計調査で最高を記録した。堅調な投資需要を背景にアメリカ大陸(76%増)、アジア太平洋地域(20%増)、ヨーロッパ、中東、アフリカ大陸のEMEA(19%増)となった。ただ、世界的なインフレと地政学リスク、金融引き締めなどの逆風に直面しているとも指摘している。

世界の都市別ランキングでみると、東京への投資額は38億ドルと14位だった。前年同時期の2位から下落した。大阪のランキングは37位だった。

セクター別の投資額割合は、オフィスが33%と21年度の47%から大幅に減らした。物流施設は21%と21年通期の19%と同程度となり、レジデンシャルが27%で前年通期と前四半期よりも上昇している。地域別の投資割合は、東京都心5区が25%で21年通期の39%から減少している。大阪圏は前年通期の20%を上回り、22%だった。

大型取引や事業会社の自社ビル売却が減っているが、同社では第2四半期以降に売却案件の増加に伴い売買金額が回復するとみる。22年通期は21年と同程度か微減と予想する。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています