【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

22年路線価、全国平均は2年ぶり上昇 銀座は37年連続最高

37年連続最高価となった銀座

国税庁が7月1日に発表した路線価(22年1月1日時点)によると、対前年変動率の全国平均は0.5%上昇となり、2年ぶりに上昇に転じた。今回最高路線価が上昇した都道府県庁所在都市は15都市(前年比7増)で、横ばいは16都市(同1減)、下落は16都市(同6減)。上昇都市では前年から上昇率が拡大するなどコロナ禍からの回復傾向が見られる一方、下落都市では下落率の縮小および拡大が入り混じっている状況だ。

路線価額の最高は、東京都中央区銀座5丁目銀座中央通り(鳩居堂前)。1平方メートル当たり4224万円(前年比1.1%下落)となり、37年連続の最高価額となった。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています