用地や建築コストの上昇を背景にマンション価格は上昇傾向にあり、先行きの懸念材料になってきている(都内で、写真と本文は関係ありません)

マンション市況は好調だが 価格じわり上昇傾向 要因は用地、建築コスト 需要者の購買力に影響 住宅ローン金利先高感も

 昨年末の政権交代以降、安倍内閣が声高に叫び続けている「経済活性化」。ここにきて株価上昇に一服感が出てきたようだが、政権交代前と比べると、依然として倍近い水準を維持している。経済の活性化による「日本の元気」は歓迎すべきこと。ただ、そうなれば「物価の上昇」といった現象も出てくる。ここ数カ月、市場全体の上向きが指摘されている「新築マンション」の最近の価格にも上昇傾向が見て取れる。  続きを読む >>

総合

6月25日号

総合

政策

賃貸・管理

マンション・開発・経営

賃貸・地域・鑑定

住まい・暮らし・文化

資格・実務

営業・データ

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています