「人生の時間もシェアする」とされるシェアハウス。賃貸市場の新たなジャンルとして定着してきた。規制強化が今後の市場にどのような影響をもたらすのか、懸念する声が多い(写真はストーンズがシングルマザー向けに提供しているシェアハウス=川崎市)

どうなる、シェアハウス 国、適法性を文書で通知 判断に悩む特定行政庁 建基法の「寄宿舎」と断定 〝柔軟性〟求める声も

国土交通省は9月6日、特定行政庁に対して、シェアハウスは建築基準法において「寄宿舎」に該当すること、また、寄宿舎に求められる間仕切り壁の耐火性を満たすことが必要であり、それらに違反する場合は是正指導を進めるよう通知した。寄宿舎に該当した場合、通常の住宅では求められない「間仕切り壁の準耐火性確保」が必要になる。これまでのシェアハウスでは、この耐火性確保を求められるケースはほとんどなかった。今回の通 (続く) 続きを読む >>

政策

9月10日号

政策

マンション・開発・経営

総合

賃貸・地域・鑑定

売買仲介

資格・実務

営業・データ

住まい・暮らし・文化

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています