6月27日に開催された全政連の年次大会。会場には宅地建物取引士の名称変更を祝う横断幕が掲げられた。宅建議連の金子一義会長も駆け付け祝辞を述べた

「宅建士」誕生で業界に変化 資質向上、全体を底上げ 「3人に1人」議論、終止符か

 宅地建物取引主任者の名称を「宅地建物取引士」に変更する宅建業法の一部改正案が6月18日に成立、25日に公布された。施行日は来年4月1日になると見られる。一部では「名前が変わっただけ」という意見もあるようだが、従業員に対する教育の充実を盛り込むなど業界全体のボトムアップを図った施策と言える。また、国土交通省土地・建設産業局の毛利信二局長は、「今回の宅地建物取引士の誕生により、宅建士の設置義務を『3人に1人に強化する』という議論は遠のいた」と語るなど、業界全体にとっても今回の改正は大きな出来事となった。  続きを読む >>

政策

7月1日号

政策

総合

投資

マンション・開発・経営

賃貸・管理

売買仲介

資格・実務

営業・データ

住まい・暮らし・文化

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています