登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

シェアハウスの将来 違法物件をマスコミが報道 国交省は業界に文書 「波を呼び込め 成長を形に」

この記事を読むのに必要な時間:約6分

 シェアハウス市場に難題が持ち上がっている。毎日新聞など大手マスコミが、シェアハウスとして入居者を募集している住宅の中には極端に個室面積が狭かったり、窓がないなど違法性の高い物件が数多く含まれているとして大きく報道しているからだ。そこではマンションの1室(63m2)に12人を住まわせる物件も紹介されている。国土交通省も特定行政庁を通じて実態調査を進めている。リビングやキッチンなどを共有するシェアハウスは、都心部でも安い賃料で住めることや、入居者同士が交流できる魅力で順調な市場拡大を続けてきた。今回のマスコミ報道によるイメージダウンをどう乗り越えるのか。今後の行方を探った。 (シェアハウス入居者の写真は、日本シェアハウス協会提供)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています