マンションリフォームマネジャー試験のご案内

大言小語 「取引士」誕生で業界が誓うこと

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 宅建業法改正による〝宅地建物取引士〟の誕生が現実味を増してきた。「主任者」の「士」への名称変更が、不動産業界に対する国民の信頼を加速させることを期待したい。

 ▼現状では、大切な資産である不動産について、国民が気軽に、安心して相談できる専門家が地元や身近にあまりいない。そうした信頼感の無さや、対応窓口の少なさが、日本の中古住宅市場活性化の障害になっているとしたら…。

 ▼不動産取引にまつわるリスクが多様化している今日、宅建業者の力だけでは国民の信頼確保が難しいという指摘もある。そのため国土交通省は、一昨年度から宅建業者を核とした協議会づくりを全国で進めている。不動産取引に関する各事業者や専門家をネットワークし、国民に「ワンストップ」で多様なサービスを提供するための仕組みである。ただ、こうした取り組みが最終的に成功するかどうかの鍵を握るのは、やはり宅建業者である。

 ▼国民が「士業」に求めるのは、こちら側に立って仕事をしてくれる姿勢である。その専門的能力を自分のために出し切ってくれるという信頼感である。医師や弁護士に対する期待もそういうものだ。つまり、「士」への名称変更は、不動産業界で働くすべての人たちが、顧客を決して裏切らないプロフェッショナルになることを誓う証(あかし)のようなものであろう。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています