マンションリフォームマネジャー試験のご案内

大言小語 過ぎたるはなお

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 「外国人が見た日本の凄さ」というようなテレビ番組が最近流行っている。日本人が行かないような所や普通の街の情景が外国人に人気ということで、東京・江戸川にある盆栽館や渋谷のスクランブル交差点などが登場。日本では、混んだ電車も列を作って待つ、すごい光景、などと礼賛が続く。

 ▼新聞のテレビ欄を調べると、こうした日本バンザイ番組が数多くある。見始めのときは、「さすがに日本だ」などと感心するが、そのうち、「こんなに素晴らしいのに自ら主張しない、謙虚な日本」などと言われると、謙虚なんだか、自意識過剰なんだか分からなくなる。そんなに良い日本がどうして「失われた20年」になったのだろう。

 ▼小子は最近、金沢に行き、兼六園や21世紀美術館といった大勢で賑わう場所以外に、仏教家として有名な鈴木大拙の足跡を伝える鈴木大拙館に足を運んだ。全体の来客は多くないものの、外国人の比率が7割を超えるほどで、閲覧コーナーでは英訳・独訳された書を熱心に読んでいた。日本人は庭の写真を撮るばかりだった。

 ▼「日本は他国とは異なった文化と歴史があり、日本人だけが理解できる」という解釈もある。しかし、古くは小泉八雲という、日本人よりも日本の民俗に詳しい人もいた。そんなに日本、日本と騒がず、訪れる外国の方に、等身大の国柄と自分自身を見せればいいのではないか。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています