マンションリフォームマネジャー試験のご案内

都の木密地域不燃化プロジェクト 不燃領域率62.5%に上昇 〝燃えないまち〟へ共同化促進

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 東京都は11年の東日本大震災を受け、12年に「木密地域不燃化プロジェクト」を立ち上げ、区と連携して木造住宅密集地域の改善、「燃え広がらない・燃えないまち」の実現に取り組んでいる。木密地域のうち、特に重点的・集中的に改善を図る地区を「不燃化特区」として、現在53地区(約3200ヘクタール)を指定し、耐火建築物等への建て替え促進や延焼遮断帯を形成する都市計画道路の整備が進められている。整備地域全体の不燃領域率は、62.5%(18年3月時点、参考値)。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています