【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

見本市「CES2020」から 世界の社会課題解決に挑む (2) 積水ハウスのHED-Net 検知精度向上へMITと連携

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 積水ハウスが1月7日、ラスベガスで行われた「CES2020」で発表した在宅時急性疾患早期対応ネットワーク「HED―Net(In-Home Early Detection Network)」は、世界初のシステムであり、我が国だけでなく世界中の人々に恩恵をもたらすものだという。今回はその課題と解決に向けた動きを紹介する。 (住生活ジャーナリスト 田中直輝)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
宅建解答解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています