【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

新型コロナの影響、今後本格化か JNTO調べ・1月訪日外客は1%減

この記事を読むのに必要な時間:約2分

田端観光庁長官

 日本政府観光局(JNTO)の2月19日の発表によると、20年1月の訪日外国人旅行者数(推計値)は前年比1.1%減の266万1000人で、4カ月連続の減少となった。韓国からの旅行者数の大幅減少が続き、同59.4%減の31万6800人だったことが主な要因。

 19年12月に中国で確認され、同国内外で感染拡大の続いている新型コロナウイルス感染症(今週のことば)の影響が注目されたが、1月の段階では明確な影響は見られない様子だった。19年は2月上旬だった春節(旧正月)期間が、20年は主に1月となったため旅行需要の増加時期も前倒しとなり、中国(22.6%増)をはじめアジア各国からの訪日外客数は総じて二桁の増加を見せた。

 ただし、1月27日からは中国政府による団体外国旅行禁止措置がとられており、同国の外国旅行者数自体が激減。2月19日に会見した田端浩観光庁長官は、「2月からは(中国の旅行禁止措置の)影響が表れてくると考えている」との見解を示した。また春節期間全体の中国訪日客について、「日数や曜日が異なるため単純比較はできない」としたうえで、「前年の春節と比べ、2割程度減少した模様だ」と明かした。

 加えて、「新型コロナウイルスの発覚以降、日中の航空便数は減少しており、更なる減便拡大の可能性もある。また中国以外の国・地域でも旅行控えが見られるため、状況を注視していく」(田端長官)とも発言。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うインバウンド減少とその影響は、2月分以降の集計値で本格化、顕在化していくと見られる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています