【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

積水ハウス、企業・行政の土地活用提案 「積水ハウス不動産」による賃貸・仲介を強化

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 積水ハウスは、グループの国内事業戦略をまとめた。戸建て住宅事業では3ブランド戦略を展開。ボリュームゾーンである3000万円台の1棟単価の引き上げと低価格帯、高価格帯の厚みを増す。一方、厳しい環境の賃貸住宅事業では、賃貸住宅の付加価値提案を強化すると共にエリア集中戦略を推進していく。また、グループ会社である「積水ハウス不動産」による賃貸・仲介事業を強化する。同社は2月から新年度に入り、新たな中期経営計画を始動。3年後の22年度には「過去最高売上高、過去最高益を目指す」(仲井嘉浩社長)とした。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています