登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

緊急事態宣言、全国へ拡大 13都道府県を「特定警戒」に

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 政府は4月16日に総理大臣官邸で第29回新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、4月7日に発令した緊急事態宣言の範囲を拡大し、全47都道府県を対象とすることを明らかにした。実施期間は現在のところ、5月6日までのまま変更はない。

 先に指定した7都府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)だけでなく、現在は北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6道府県でも同感染症がまん延。更に、4月下旬から始まる大型連休中の人の移動を抑制する目的もあり、同宣言の対象を全国へと拡大した。またこれらの13都道府県は「特定警戒都道府県」として、特に重点的な対策を行う方針。

 安倍晋三内閣総理大臣は同本部会合で、全都道府県に対し「大型連休に帰省や旅行で県をまたいで人が移動することを避けるよう、住民に促してほしい。また観光施設等に人が集中する恐れがある場合には、施設への入場制限要請などの対応を」と求めた。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています