登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

観光活性化ファンドを組成 年度内に100億円規模に 星野リゾート、リサ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 星野リゾート(長野県軽井沢町)とリサ・パートナーズ(以下リサ、東京都港区)は10月30日付で国内の宿泊施設を投資対象とした「星野リゾート観光活性化投資事業有限責任組合(星野リゾート観光活性化ファンド)」の組成を完了、運用を開始したと発表した。出資総額は約50億円。今後、機関投資家からの追加出資を募集。20年度中には出資総額を100億円規模に拡大させる方針だ。

 同ファンドを運営するH&Rアセットソリューションズが無限責任組合員として出資。三井住友ファイナンス&リース、三菱UFJ銀行、大和ライフネクスト、リサが有限責任組合員として出資した。同ファンドでは、優良なホテルや旅館の事業継続を支援し、新型コロナウイルス収束後の観光・宿泊産業の早期回復に貢献する構え。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています