登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

電子契約とどう付き合う IT可の建設・請負契約 (中) コスト減&効率化で導入

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 契約書の電子化について、国土交通省はIT重説実験と並行して検討を進め、19年10月から賃貸取引を対象に「重説書等の電磁的方法による交付に係る社会実験」(電子交付実験)を3カ月間実施し、その後昨年9月から継続実験中。売買取引についても、IT重説の本格運用化が決まれば、現在実施中の実験を電子交付実験に切り替える予定だ。併せて、「書面・押印・対面」を求めている不動産分野の各種規制の緩和または撤廃を含む一括法案を、内閣府として次期通常国会に提出したい考え。その法案が通れば、賃貸・売買契約においても契約書の電子化が可能になる。(ライター・鹿島香子)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています