登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

大言小語 ロボットと人間の未来

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 多くの人は人間がロボットに支配されることなどあり得ないと思っている。しかし、今は誰もがポケットやバッグに小型ロボット(スマホ)を入れている。電話がかかってくればつないでくれるし、知らない街で道に迷ってもGPS機能で現在の位置を示してくれる。

 ▼スマホを一時も手放せない現代人は既にロボットに支配されていると言っていいだろう。しかし当人は、自分が「スマホを使いこなしている」と思っている。自分は亭主関白だと思っている男が、実は奥さんに上手にコントロールされているようなものだ。

 ▼ロボットと人間の距離も近づいている。通信技術の発達で今は人と人とが簡単につながることができる。その分、あまり相手のことは考えなくなった。その証拠にいつでも気安く簡単に電話する。人間が人間についてあまり深く考えなくなった。そして人間は互いに通信し合うだけの機械のようになっていく。

 ▼不動産テックの浸透が怖いのはその点である。営業マンが顧客のことを人間的に深く知ろうとしなくなる。一方でロボットはそこを狙ってくるかもしれない。人間が人間について深く考えないのであれば気が付かないように自分たちの支配下においてしまおうと。ロボットが自身を意識する日は近い。人間の意識も脳の働きにすぎないのだから、AIロボットが自分たちをロボットと意識するのとあまり大差はないだろう。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています