登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

大言小語 迫る五輪

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 昨年の3月、「東京五輪に黄色信号」とこの欄で見通したように開催は1年延期された。1年余りが経ち、五輪開催の機運は依然としてコロナ禍に阻まれたままだ。海外客を受け入れないとして大会委員会が開催に向けた努力を続けるが、目前に大会を控えてなお開催か中止かで大衆の意見は分かれる。開催に向けて進むべきか否か、開催して大丈夫なのか誰にも答えが見つけられない。

 ▼東日本大震災の直後、不動産市場では特にウォーターフロントに立地する新築マンション販売が大苦戦を強いられた。大津波が不動産市場にも暗い影を落としていたからだ。そんな中で売り出されていた湾岸エリアのマンション市場を調べていた折に、64年大会より以前に、湾岸エリアを舞台に五輪計画が存在していたことを知った。20年の東京大会を控えた大河ドラマでこの歴史が描かれ、幻の五輪は再び広く知れ渡ることになった。とはいえ中止から80年が過ぎ、世代交代も進んだ時代に、幻の五輪は世の中から忘れ去られていたに違いない。何よりも戦争に突き進む日本で、平和の祭典の計画があったこと自体が驚きだ。

 ▼今大会は、世界規模のパンデミックに翻弄された五輪として歴史に刻まれる。それは開催できても、断念せざるを得なくなったとしてもだ。世の中が落ち着きを取り戻した後、改めて今大会が思い出されて多くの人たちがその意義を感じてくれることになるだろう。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています