6月29日(火)【参加無料・WEBセミナー】〜ニューノーマル・おうち時間に“付加価値提案”を〜 住宅メーカーが知っておきたい2つのこと

JNTO調べ訪日外客数・3月 93%減の1万2千人

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 日本政府観光局(JNTO)の4月21日の発表によると、3月の訪日外国人旅行者数(推計値)は前年同月比93.6%減の1万2300人だった。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策の一環として観光目的の入国が引き続き認められていないことを含め、一部の例外を除いて国境をまたぐ往来が停止されているため。コロナ禍影響前となる19年3月の訪日外客数(276万136人)と比較すると99.6%の減少。また、21年1~3月の訪日外客数の総数は6万6200人で、前年同期比98.3%減となった。

 20年1月下旬以降の新型コロナの感染拡大により、多くの国で海外渡航制限等の措置が取られ、日本でも検疫強化、査証の無効化等の措置が取られた。同年7月下旬以降、段階的にビジネス目的の入国が再開されていたが、12月下旬以降、日本における新規入国の一時停止や検疫の強化等の措置を実行。21年1月中旬にはすべての対象国・地域とのビジネストラック・レジデンストラックの運用が停止された。観光目的の国際的な移動に制約が続く状況だ。

 なお、JNTOは4月23日に21年度の主な取り組み方針を発表した。海外向けには、日本で開催される主要イベントと連携した情報発信やコロナ禍における訪日旅行の不安払しょくに向けた情報発信をはじめ、国内向けには国内インバウンド関係者に対するコンサルティング・支援や海外市場動向に関する情報提供などを強化する。各国の出入国規制の動向を踏まえながら、オンライン事業の強化など工夫を凝らし、30年訪日外国人旅行者数6000万人、訪日外国人旅行消費額15兆円等の政府目標の達成を目指すとしている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています