売買仲介営業の新常識 売上に繋がるインサイドセールス組織の作り方

ソフトバンク・広島県三次市 スマートシティ実現へ 田園都市とデジタル融合  

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 ソフトバンク(東京都港区)は、広島県三次市と『田園都市×デジタル』をテーマとする連携協定を4月9日に締結した。AIやIoT、ロボットなどの最新技術を活用したスマートシティやデジタル化の推進の検討で協力する。同社では、その課題の洗い出しや解決に向けた取り組みを支援する。中山間部ならではの美しい景観を保持しつつ、高度なICT(情報通信技術)との両立を実現していく。

 同市は、18年策定の「第2次三次市総合計画(改訂版)」で豊かな市民生活の持続可能な「田園都市づくり」を示した。更に、20年8月に「DX推進本部」を設置し、21年3月には「三次版スマートシティ構想」を策定。そこでは、「くらし」「しごと」「行政」の3つの視点から、将来を担う人材の育成などに取り組む目標を示している。

 一方、ソフトバンクでは、「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成を経営の重要事項と位置づける。その一環として、地域の活性化に向けたICT(情報通信技術)の利活用を柱に、自治体や地域の団体、教育機関などと連携する「DXによる社会・産業の構築」を進めている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています