JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験

大言小語 無電柱化

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 自宅前の幹線道路沿いに、多くの電柱が並んでいる。近年は大型台風などの異常気象が頻発して、電柱の倒壊も珍しくはない。気にも留めなかったのだが、よく注視するようになると多くの電柱が傾いて見えてくる。緩やかな傾斜地付近にあるため、目の錯覚なのか、本当に傾いているのか素人には分からない。気になり始めると確信に迫りたくなる。電柱を下から見上げたり、遠目から他の対象物と水平、垂直を比べたりもした。

 ▼そうこうしているうちに、確実に傾いているという1本を見つけた。確信に満ちた1本が見つかると、他の電柱の傾きも確信に変わっていく。電力会社に問い合わせたところ、緊急性を感じたのか現地まで目視調査に来てくれた。電力会社によると、電線の重さや地盤の状況などで基本的に電柱が傾くことはままあることで、構造上、倒壊の心配はないとの説明だった。危険性がないのは分かったが、垂直であってほしいものが傾いているのはやはり気持ち悪い。

 ▼行政も防災や景観に配慮したまちづくりという視点から無電柱化に取り組んでいるが、コストや法規制の壁は高いようだ。こうした中で25年度までに全国約4000キロの区間で電柱を地下に埋設する新たな推進計画を国が打ち出した。しかし、年間約7万本の電柱がいまだに新設され続けていることも無電柱化の進まない一因だと知って期待は失望に変わった。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています