NTTCom・パナソニック 顔認証で照明・空調制御 入退室システムで共創

この記事を読むのに必要な時間:約2分

顔認証技術で入退館から、照明・空調を制御する。
 NTTコミュニケーションズ(以下・NTT、東京都千代田区)と、パナソニック システムソリューションズ ジャパン(以下・パナソニック、東京都中央区)は、NTTが4月に開設した研究施設『CROSS LAB for Smart City』で6月から共創を始めた。本人確認を行う顔認証を「統合ID」として、建物の入退室の管理や、これに連動して室内の照明や空調を制御できる仕組みを実証実験し、スマートシティの世界観を具現化する。

 具体的には、様々なデータを連携・利活用できる基盤の1つであるNTTの『SmartData Platform for City』と、ディープラーニング(深層学習)を応用したパナソニックの『顔認証 入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS(ケイパス)』を連携する。入退室の情報と連動し、そのタイミングや人物の属性に合わせて快適な室内環境になるように、照明や空調を自律的に制御する(イメージ図参照)。

 顔画像情報にひもづく情報を「統合ID」として管理することで、入退室の際に利用者は、IDカードの紛失などセキュリティ面のリスクを低減できる。施設の管理者側もカメラや認証端末を設置するだけで、顔認証技術による本人確認ができ、施設運営の利便性の向上に期待できる。

 今後の利活用事例では、オフィスビルのエレベーターへの適用がある。入館時の顔認証により、個々の行き先階を判定。昇降状況を効率的に制御して待ち時間を短縮し、密を回避する感染防止対策にも役立つ。また、イベント会場などへの入退場時や決済などを非接触に手続きし、混雑を解消できるようにする。

 6月8日に行った報道機関向けの説明会で、NTTのスマートシティ推進室長の塚本広樹氏は、「リアルな街のデータを仮想空間に収集して分析する〝デジタルツイン〟の最新技術をリアルな空間に還元する。スマートシティの社会実装を目指す」、パナソニックのマーケティング課長の寺木毅氏は、「どこにいても顔認証でつながる世界を創造する。新たな価値やサービスを提供していく」と説明した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています