快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

まちの使われ方に変化地方移住ニーズも 首都圏白書

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 政府は6月15日、21年版首都圏白書を閣議決定した。同白書は首都圏整備法第30条の2の規定に基づき、毎年国会に報告するもの。2章構成。

 第1章は、首都圏をめぐる最近の動向。21年版では「首都圏が向き合う多様なリスクへの対応と活力ある社会の構築」をテーマとし、新型コロナ感染症や災害リスクへの対応をまとめた。

 新型感染症の感染拡大に伴う出勤抑制や外出自粛要請によって、テレワーク導入やDXが進展。東京圏のテレワーク実施率は緊急事態宣言発出前の13.5%(20年3月以前)から発出後(20年4~5月)は31.4%と2倍以上に増加したデータを示している。更に、感染拡大を契機とした様々な変化にも着目し、飲食店等による道路空間の利用などまちの使われ方の多様化のほか、サテライトオフィス等へのニーズやワーケーション、地方移住への関心の高まりなどを紹介している。

 防災・減災対策では、防災拠点等の耐震化などインフラ機能の強化、適切な避難行動確保のためのハザードマップの整備・活用等の進展を報告。大規模水害に備えた高台まちづくりの事例として、東京都葛飾区の浸水対応型市街地構想を紹介する。

 第2章では首都圏整備の状況を報告。スマートシティの取り組み支援として柏の葉(千葉県柏市)を紹介。モビリティ、エネルギー、パブリックスペース、ウェルネスの4テーマを設け、分野横断的なデータ利活用によって、新サービス創出を目指すまちづくりに着目している。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています