JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験

セミナー NTT東日本 暗号化ZIPからファイル脱却を 

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 東日本電信電話(NTT東日本、東京都新宿区)は、20年に内閣府が廃止を決定したことで注目の集まった、パスワード付暗号化ファイルのいわゆる「PPAP」から企業が負担なく脱却できる方法を考えるセミナーを6月2日に開催し、ウェブで配信した。

 講師で同社ビジネス開発本部クラウドサービス担当の佐藤道由氏は、日本の多くの企業が導入している「PPAP」について、「手間だけでなく、結局は、同じ人に同じメールの方法でパスワードを送信しているために、誤送信対策になっていない。本来はチャットや、SMS(ショートメッセージサービス)などのメール本文とは別の手段によってパスワードを送るべき。ウイルスチェック機能を持つパソコンでも、すり抜けてしまう」と指摘。そうした運用からの脱却方法として、「第三者のチェックや送付する前にいったん保留する措置、外部のファイル無料転送サービスのほか、クラウドストレージが選択肢になる」と解説した。

 ただ、同社のアンケート調査で、「各社内システムのオンプレミスからクラウドサービスへの変更に、そもそも現行のシステムでは、データの移行ができない。コスト面やセキュリティ性にも不安要素がある」といった声を紹介。そこで、こうした課題感を解消する方法として、同社が4月に提供を始めた、中小・地域企業に使いやすい『コワークストレージ』を紹介。「国産データセンターで保存する。直感的な操作性で柔軟なアクセス制限設定や履歴を残す。検索も容易。安全性が高い」とその特長を説明した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています