スタイルポート VR内覧 仮想現実を〝体感〟 コスモスイニシア採用 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 スタイルポート(東京都渋谷区)は、同社開発のオンラインマンションギャラリー『ROOV』(ルーブ)が、コスモスイニシア(東京都港区)で初となる住まいの総合ギャラリー「イニシアラウンジ三田」(東京都港区)で、新築販売マンションの購入検討者向けの「案内ツール」として全面採用された。

 同社が展開する『ROOV』シリーズは、資料や写真などのプレゼンテーション向けの情報を集約できる『ROOVcompass』(コンパス)と、3D(3次元)空間を体験できる『ROOVwalk』(ウォーク)の各機能を備える。

 来場者は、平面間取り図と合わせて複数の部屋タイプを比較し、検討できる。大型モニターで投影されたVR(仮想現実)画像などの物件関係情報を自由に操作し、現地にいるかのような内覧を体感できる(写真)。

 システム全体の直感的な操作性などに特長がある。実際に現地物件内を歩いているかのように内覧できるため、販売する新築マンションの世界観を訴求でき、その物件の魅力を的確に伝えられるとして今回、全面的に採用された。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています